妊娠中に大切な栄養素について

妊娠がわかった!まずすることって?

妊娠中に大切な栄養素葉酸と一緒に摂ると効果的なビタミンB12について

妊娠おめでとうございます。これから長いようで短い、貴重なマタニティライフの始まりです。
ところで、妊娠したらまず何をすればよいか、知っていますか?
禁煙や禁酒はもちろん大切です。激しい運動を避けたり、重いものを持たないようにしたり、注意することはたくさんありますよね。
中には、今までの生活が、がらりと変わる人もいることでしょう。
実はこれ以外にも、大切なことが一つあります。それは、葉酸を積極的に摂取することです。


妊娠中に大切な栄養素!葉酸とは…?

妊娠中に大切な栄養素葉酸と一緒に摂ると効果的なビタミンB12について

葉酸は、ビタミンの1種です。主に緑色をした野菜類や、果物などに多く含まれています。
体内では、赤血球を合成する役割があります。
また、葉酸はお腹の赤ちゃんの成長にも欠かせません。
葉酸は、赤ちゃんの細胞分裂を助ける役割があります。

 

特に妊娠初期は、赤ちゃんの細胞分裂が盛んです。
この時期に葉酸が不足することで、赤ちゃんに障害が出る可能性があります。

 

妊娠中の葉酸摂取量の目安は、1日あたり480μgです。ほうれんそうやブロッコリー、いちごなどに多く含まれています。
ですが、葉酸は水溶性のビタミンなので、茹でる、煮るなどの加熱処理をした時に、水に溶けだしてしまいます。
十分に食べているつもりでも、実は必要な量の葉酸を摂取できていなかった場合があるのです。

 

このような自体を避けるため、葉酸のサプリメントを利用してみるといいでしょう。
野菜多めの食事に、サプリメントを併用することで、1日に必要な葉酸を十分摂取することができます。
妊娠がわかったら、早めに葉酸のサプリメントを始めましょう。


葉酸の吸収をアップさせるビタミンB12!

妊娠中に大切な栄養素葉酸と一緒に摂ると効果的なビタミンB12について

そんな妊婦に欠かせない葉酸ですが、実は体内に吸収されにくい栄養素なのです。ほうれんそうなど、豊富に葉酸が含まれている食品を食べた場合でも、実際に体内に吸収される葉酸は、含有量の50%程度です。サプリメントの場合も同様で、含有量の85%程度しか吸収されません。
ですが、ビタミンB12を葉酸と同時に摂取することで、葉酸の吸収をアップさせることができます。
また、海外の研究では、葉酸とビタミンB12を同時に摂取することで、お腹の赤ちゃんの先天性障害を予防する効果があると報告されています。
このように、妊娠中は葉酸同様、ビタミンB12の摂取もとても大切です。


ビタミンB12とは?

妊娠中に大切な栄養素葉酸と一緒に摂ると効果的なビタミンB12について

ビタミンB12は、葉酸と同じくビタミンBの1種です。赤血球の生成に関わる、重要なビタミンのひとつです。
ビタミンB12が不足することで、貧血の症状が現れる場合もあります。
目元がくすんだりと、疲れた印象の顔になるのもビタミン不足が原因となる場合があります。
妊娠中でも使えるアイキララなどで対策するのもひとつの選択です

 

ビタミンB12は、主に肉や魚などの動物性食品に多く含まれています。
普通に生活をしていれば、ビタミンB12が不足することは、ほとんどありません。
ですが、ベジタリアンなど野菜や果物中心の生活をしている場合は、ビタミンB12が不足する場合があります。
特に妊娠中は、葉酸同様ビタミンB12は不可欠です。できるだけバランスの良い食事を心がけましょう。

 

 


ビタミンB12が多く含まれている食品

妊娠中に大切な栄養素葉酸と一緒に摂ると効果的なビタミンB12について
ビタミンB12が多く含まれている食品は、前述したように動物性の食品です。
特に多く含まれているのは、肉類のレバー、牡蠣、シジミやアサリなどの貝類、サンマ、納豆、チーズや牛乳などの乳製品です。

 

ビタミンB12は、とても壊れやすいビタミンです。
日光や空気に弱く、触れると栄養分が壊れてしまう場合があります。食品を冷凍保存する場合には、空気に触れないようしっかり密閉することが大切です。

 

ビタミンB12の妊娠中の摂取量の目安は、1日に2.8μgです。
レバーや牡蠣を1人前食べれば、十分に摂取することができます。
また、ビタミンB12は多く摂りすぎた場合でも、体外に排泄されるので心配はありません。

 

しかし、ビタミンB12も葉酸同様、水溶性のビタミンです。
そのため、調理工程で溶けだしてしまう可能性があります。
特に妊娠中は、生ものを食べる機会は減ることが多いですよね。
実はビタミンB12が不足していた、という事態を避けるためにも、サプリメントを利用してみるといいでしょう。

 

葉酸のサプリメントの中には、ビタミンB12が添加されているものも多いです。サプリメントを選ぶときには、成分表にも注目してみましょう。

ビタミンB6も一緒に!

妊娠中に大切な栄養素葉酸と一緒に摂ると効果的なビタミンB12について
葉酸のサプリメントの中には、ビタミンB12と伴に、ビタミンB6が含まれているものもあります。
ビタミンB6も、ビタミンB12と同様に、葉酸の吸収をアップさせる働きがあります。
また、辛いつわりを軽減させる効果もあります。

 

海外では、つわりの特効薬として、ビタミンB6が使われる場合もあります。
妊娠中のむくみ対策は、むくみサプリ通販ランキングなどで紹介されているような商品を
探しても良いのですが、多くのサプリメントは薬ではなく食品と同じですが、妊娠中授乳中は飲まないほうが良いと注意書きがあると思います

 

 

ビタミンB6は、バナナやカブやニンニク、イワシやカツオ、鶏むね肉などに多く含まれています。
日常的に食べる食品に多く含まれているので、不足することは少ないです。
しかし、つわり中でほとんど食事がとれない場合、ビタミンB6が不足し、つわりが余計にひどくなったり、葉酸の吸収が妨げられる場合もあります。
できるだけサプリメントを利用し、しっかりビタミンB6も補給するようにしましょう。